家族団らんで過ごせる四畳半の一戸建て!

トップ > 令和2年9月> 30日

不動産投資の採算性を見極めようという際に

2020年9月30日「水曜日」更新の日記

2020-09-30の日記のIMAGE
不動産投資で一番目の投資物件を買うという様な時は、ずっと続けてきた勉強の成果がカギを握るのです。危険物件を取得しないためにも、その地域の家賃相場とか現場の実態を把握するための方法を真剣に学習してください。マンション経営の健全性を測るために、表面利回りあるいは実質利回りがしばしば用いられるのですが、都心部と地方の物件を利回りで比較するのはナンセンスです。人口が減ってきている地方では、入居者が決まらない可能性が高いので、スムーズなマンション経営は望み薄であるようです。収益物件の良し悪しを判断することが必要な場合は、利回りがどうなるかといったことを考慮しながら、住人側のスタンスに立ってみることを心がけてください。何だかんだ言って、常識的な感覚から離れないようにすべきなのです。アパート経営の場合、悪く見ても一度で入居世帯分の賃貸料が入ってくるので、出資金額が同じ場合でも、マンション経営と比べて収益率は高いと考えていいでしょう。マンション投資に関しても、価格の安い中古物件に人気が集まっていますが、いつごろの建物かについては確実に把握することが必要です。RC、すなわち鉄筋コンクリートの建物でも諸説ありますが、60~80年程度で寿命ということになりますから、そこまでにいくら儲かるかというのは、築年数次第なのです。

このページの先頭へ